投稿

2018年の DWG系 CAD 界隈

2018年、あけましておめでとうございます。

さて、個人的に関心薄めになって来ている DWG 系 CAD 界隈ですが、仮にも CAD&CG とかいう名前のブログなので 2018年はこうなるかなっていう予測をしておこうかと思います。

AutoCAD の 2019(あるいはそれに相当するアップデート)は多分3月に出ると思いますが、細かな機能強化や UX の改善と、他製品へ移行するための基盤整備的な拡張とかになるんじゃないかと予想しています。(流石に毎バージョンフォーマット新しくするっていう暴挙はしてこないかと。)

昨年は AutoCAD 2018 で DWG ファイル形式が更新され、2018 形式のフォーマットが追加されました。
ほとんどすべての互換 CAD が利用している ODA の Tiegha での対応は2017年末の時点で一応リリースレベルまで行っていますし、対応を謳う製品も出てきているので、春ごろまでに 2018形式に対応した製品が出揃うと思われます。
最も、サブスでバージョン追従しているボリュームは思ったほど多くないようで、新しいバージョンのファイルが大量に世に出回っていることにはなっていませんので、お仕事的に即対応が必要ということでなければ 2018 年中に扱えるようになっておけば流れに取り残されることはないかと思います。
新しい形式にしたことで享受できるメリットはそれほど多くないですし。



2017年末時点のバージョンで、いわゆる日本で発売されている互換CAD の互換性の度合いを表すと、超ざっくりで以下のようになるかと思います。(個人の見解です。)


機能の互換性
AutoCAD >> IJCAD ≒ BricsCAD >>> IntelliCAD 系 > AresCAD 系


操作の互換性
AutoCAD > IJCAD >> IntelliCAD 系 > BricsCAD  >> AresCAD 系

UI・UX の互換性
AutoCAD ≒ IJCAD >>> IntelliCAD 系 > BricsCAD  > AresCAD 系


開発互換性
AutoCAD > BricsCAD ≒ IJCAD >> IntelliCAD 系 >&…

Alibre Design いつの間にか復活してた。

2011年に 3Dプリンタメーカーとして有名な、3D システムズに買収されてから結構経ちましたが、3Dプリンタブームが落ち着いて、株価的にあれな感じになったせいなのか、ソフトの開発が重要じゃなくなったのかしりませんが、ともかく Alibre LLC として分離されて Geomagic Design あらため「Alibre Design 2017」として 2017年7月18日にリリースされたようで。

ソリッドワークスの廉価版(Professional版が16万円、Expert版が26万円)としての機能強化や、「CATIA」、「PTC Creo」、「Autodesk Inventor」のコンバータとしての活躍が期待できそうです。

Onshape  とか当時なかったものも出てきてるけど、方向性が違うのでやはりソリッドワークスの廉価版としての立ち位置が既定路線かなと思います。


元ネタ記事: Alibre.jp

Krita 3.3.0 と 3.3.1

3.2系の更新から2ヶ月しか経ってませんが、10月2日 に Krita 3.3.0 のリリース、半月もしない間に 3.3.1 が出たんで、更新激しいなとか思いつつ 3.3系の更新でまとめとこうかと。

3.3.0 の更新概要
Windows 8 event APIへの対応を追加。
これにはより Surfaceシリーズなどで使用されている n-trig のペンにネイティブ対応可能に。表示機構のハードウェアアクセラレーションがリファクタリングされ、WindowsではネイティブOpenGLエンジンの代わりにオプションとして ANGLE を使用可能に。(Intel のグラフィックカード&ドライバで発生していた種々の問題を回避できるようになったということのようです。)高dpiスクリーン使用時に表示に乱れが生じることのある問題の修正
(注:Windows及びLinuxではこの機能を利用するには設定ダイアログから有効にする必要があります)クリップボードから新規画像作成時にその画像が名前を持つようになった。スタート時にお気に入りブレンドモードとお気に入りブラシプリセットが正しく読み込まれるようになった。GMIC Windows及びLinuxでプラグインを最新版にアップデート。プラグインのパス設定を削除。Krita実行ファイルのあるフォルダとそのフォルダの隣にあって「gmic」から始まる名前のフォルダからG’micプラグインを探すようになりますレイヤーの扱いとKritaとG’micプラグインの間のコミュニケーションに関していくつか修正を行いましたjpeg を.png の拡張子で保存している糞サイトの対策。ファイルの中を見て判断するようになた。PNG:16ビット及び32ビット浮動小数点画像はPNGに保存する際は16ビット整数に変換されるようになった。画像に(半)透明なピクセルが存在しない場合でもPNG画像にアルファチャンネルを保存できるようになった。表示のハードウェアアクセラレーションが無効になっている時、ブラシツールの色採取モードでカーソルの表示がおかしくなっていた問題を修正。参照画像ドッキングパネルは起動時ではなく表示されている時のみ画像の読み込みを開始するようになった。 (注意: 参照画像ドッキングパネルは画像の読み込みにQtのimageioプラグインを利用しています。もしLinux…

GIMP 2.9.6 リリース

GIMP が 1年ちょっとぶりにバージョン・アップして 2.9.6 をリリースしたそうです。
新機能の他に、翻訳の更新、204のバグ修正が行われているとのこと。

GEGLによるマルチスレッドのサポートが始まっていますが、2.10 で安定した状態にしたいみたいですね。メイニーコアのCPUも一般的になってきていますし、安めのPCでもそれなりのパフォーマンス向上が見込めるとおもうのでまだまだ頑張れそうですね。

GUIなどのユーザビリティの向上対策高解像度ディスプレイの対応強化PSDサポートの強化WebPサポートRAWイメージの処理強化 メタデータの表示と編集 などなど、更新された項目が多いので、触る時間が取れたら色々確認しようかと思います。

元ネタ記事: gimp.org

Gizmo Tools Ver3.1.4 をリリース

イメージ
拙作の IJCAD用 アドオン、GizmoTools の Ver 3.1.4 をリリースしました。

今回の版では、日本語入力 IME を自動で ON/OFF する機能を追加しました。
IJCAD の不具合のせいで、若干微妙な動作が残ってますが、文字入力後の距離入力とか、イラッとする頻度がかなり減るんじゃないかと思います。(手元では AutoCAD 上の方が上手く動いてたり。😅)



あとは、ほとんどの人が関係ないと思われる不具合の修正。



元ネタ記事: Gizmo Labs

OpenGL® 4.6 リリース

オープン・コンソーシアムのクロノス・グループが、SIGGRAPH 2017 で 「OpenGL 4.6」を発表しました。

OpenGL、今年で 25 周年を迎えるそうです。もう四半世紀経つのかよ!って感じです。
(おいらの CG 歴とほぼ同じなんで、うちももうロートルの域なのかしら。とか思いつつ)

バージョン 4.6 ではコア仕様に 11 の ARB/EXT 拡張が追加されたそうで、コア仕様に並列計算&グラフィックスの中間言語である SPIR-V シェーダを取り込むためのサポートが追加されたとのこと。

OpenGL 4.6 の主な新機能
OpenGL 4.6 には、次の ARB 拡張機能が OpenGL のコア仕様に追加されています。
Open GL の SPIR-V サポートを標準化する、GL_ARB_gl_spirv 及び GL_ARB_spirv_extensionsジオメトリ・バッチ・レンダリングに関連する CPU オーバーヘッドを削減、GL_ARB_indirect_parameters 及び GL_ARB_shader_draw_parametersDirect3D で利用可能な機能への OpenGL サポートを標準化する、GL_ARB_pipeline_statistics_query 及び GL_ARB_transform_feedback_overflow_queryテクスチャ・シーンのビジュアル品質を改善するために、以前に IP に妨げられた機能を OpenGL にもたらす、GL_EXT_texture_filter_an isotropic に基づいた GL_ART_texture_filter_anisotropicレンダリング・シャドーに関係がある、「ライトリーク」と呼ばれる共通のビジュアル・アーティファクトを抑制する、GL_EXT_polygon_offset_clamp に基づいた GL_ARB_polygon_offset_clamp機能とパフォーマンス向上のために、すべてのデスクトップベンダーがサポートするシェーダ組み込み関数を追加する、GL_ARB_shader_atomic_counter_ops 及び GL_ARB_shader_group_voteエラーが生成されないように、アプリケーションでエラーフリー操作であることをアプリケ…

AutoCAD 2018.1 がリリース

AutoCAD (LT) を利用中の良い子のみんなには、通知が出るから不要だと思いますが、AutoCAD 2018 アップデート 1 がリリースされたようです。

リリースの主な機能強化を編み砕いて書くと次のとおりになります。

ビューおよびビューポートがちょっと作りやすくなった。
関連コマンド : MVIEW[浮動ビューポート管理]、NEWVIEW[ビューを新規作成]3D グラフィックス パフォーマンスが向上した。
ワイヤフレーム、リアリスティック、シェード表示スタイルでテストケース比において 37% 向上したそうです。
関連コマンド : 3DORBIT[3D オービット]、ZOOM[ズーム]、PAN[画面移動]、VSCURRENT[ビューポート表示スタイル]高解像度(4K)モニタのサポート
最適化が進んで、ダイアログ ボックスとかユーザ インタフェース要素が更新されたそうです。サイバー セキュリティ
もろもろ対処してるから更新しとけということのようです。外部参照画層のプロパティの機能強化
[画層設定]ダイアログ ボックスに、外部参照画層のプロパティを管理するための新しいコントロールが追加されて外部参照の優先設定が少しコントロールしやすく&わかりやすくなったようです。
関連コマンド&SYSVER : LAYER[画層管理]、VISRETAIN、VISRETAINMODE、XREFOVERRIDE
新規コマンド : NEWVIEW
新規システム変数 : LAYEROVERRIDEHIGHLIGHT



元ネタ記事: autodesk