投稿

IntelliCAD 20周年

ITC のカンファレンスでもお祝いしたっぽい。
なんか ITC ができたおさらいの歴史が掲載されていたので転載。

1998年2月 - Visio の(株)は、非営利の協同組合を形成し、OpenDWGアライアンス(通称ODA、現オープンデザインアライアンス)。 Visio は ODA に AUTODIRECT ライブラリ/ソース(現Tieghaライブラリ)の永久ライセンスを提供。1998年3月16日 - Visio 社が IntelliCAD 98リリース。1998年12月 -  Visio 社が ソリューション開発プラットフォームとしてのライセンスに IntelliCAD を発表。1999年7月 -  Visio 社は、CADプラットフォーム協同組合、IntelliCADの技術コンソーシアム(ITC)の創設を発表。設立定款には、ODA のために確立されたものと類似していた。1999年9月 - マイクロソフト社が、Visio 社を買収。
備忘録的に、日本における IntelliCAD ベンダーについてざっくりとした流れを書いておこうと思います。
1998~2000年 :各社がそれぞれ IntelliCAD を展開。コスモエレクトロニクス社(cosmo_IntelliCAD)← 事業継承者なしで廃業エバテック社システムメトリックス社2001年 :エバテック社、システムメトリックス社により IntelliJAPAN社が設立(IJ_IntelliCAD → IJCAD → 2014年以降は非 IntelliCAD な IJCADへ移行で継続中)2005年 : サイバーデザインラボ株式会社 (XcellicCAD)← 数年で廃業 という感じで、すでに IntelliCAD ベースの製品を出している日本法人は無くなっています。

ITC 自体は、会費の持ち逃げとか存続の危機になるような事件とかあったような気がしますが、なんだかんだで20年間持続して活動できているソフトウェアの非営利団体っていうのはあまりないのではないかと思います。
ITC の歴史は AutoCAD互換CAD の歴史そのものでもあるので、まぁよく続いてるよなとノスタルジックな気分になったりします。

価格体系の変化についていけない企業の多い日本市場では AutoCAD のプレゼンスが下がってきている昨今でありますが、…

オートデスクが、新MAC OS 対応の Alias 提供を廃止

Twitter で RT したっきりで記事で残しておくのを忘れてた。

Apple が今後の OS(macOS 10.14(Mojave)やiOS 12)で OpenGL/CL のサポートをやめて独自の API、METAL 使えやわれーっていう事で決めてしまったため、Autodesk Alias と VRED (VR使ったビジュアライズ制作ソフト)の MAC版は バージョン 19.0 を最後にもう作らん。ということになってしまったようです。
まぁ、製品の規模的に、OpenGL から METAL に移植するだけのコストメリットがないという判断なんでしょう。

来年登場するとか言われてる MAC PRO の新版で Alias を使うことは叶わなくなりました。(古い OS入れて使うっての話は当然無しの方向で。)

Vulkan 使ってるソフトは MoltenVK とかいうので METAL の API 対応が若干楽にできそうなので対応する道はありそうですが、既存の OpenGL/CL 依存ソフトは選択を迫られちゃいますね。

Mac 使ってないので気にしてなかったけど、MAC 搭載の OpenGL ってここ数年古いままだったんですね。ということで、3DCG 制作の現場において MAC の存在感はさらに下がりそうだなと思うのでした。

元ネタ記事:autodesk

InkScape 0.92.3 リリース

年1,2回の更新が続いてる感じの Inkscape ちゃんですが、0.92.3 がリリースされたようです。

主に安定性とバグ修正のリリースみたいですが、
ツールコントロール内に数値的に楕円の半径を設定文字の方向を左右どちらでも切り替え可能になったり。Windowsユーザーの場合、超長い起動時間が大幅に短縮される可能性があるっぽい。(フォントが多い環境だと当たるっぽい。)(デフォルト時の)フィルタを操作するときのパフォーマンスが大幅向上。 なんかが入っているようです。

fitbit versa のクロックフェイスデザインするのに SVG 使うんで  Inkscape の出番がとうとう来たか!と思ったのですが、うまく使えるような感じで書き出せずに(versa のSVG ちょっと制限多いので、Inkscape のせいではない)終わってしまったのでした。

元ネタ記事:Inkscape

Krita 4.1 リリース

イメージ
出てた。


参照画像ドッキングパネルとの置き換えで新しい参照画像ツールの搭載。セッションの保存と読み込みが可能に。作業中に開いていた画像グループとビュー状態を保存できる!マルチモニターのワークスペースれいアウトを作成可能に。アニメーションフレーム作業ワークフローの向上。アニメーションタイムライン表示の改善。レンダリング済みのフレームをディスクにバッファリングすることにより、より大きなアニメーションを扱えるようになった。カラーピッカーで混色できるオプションの追加。消失点補助線ツールの改善。カスタムの色を設定できます。スクリプティング機能を Python 2 でもビルド可能に。ベクター化によるブラシマスクのパフォーマンスを改善する Ivan Yossi 氏の Google Summer of Code 成果の取り込み。 順調に育ってるのほんとすごいやね。

元ネタ記事:Krita

IntelliCAD 9.0 リリース

IntelliCADの技術コンソーシアム(ITC)が 2018年6月29日に IntelliCAD 9.0 のリリースを発表してました。

9.0 の改善点は以下のようになっているようです。

DWG2018 の読み書き対応(おそらく例のアレ対応済みのもの)大きな図面ファイルの保存高速化Windows10 の FCU 以降で出ていた問題の改善メカニカル図形の表示対応PDFの書き出し強化点群ファイル(.rcp / .rcs)のアタッチ対応3Dメッシュ用のあたらしいファセットモデラーマルチテキストの段落表示対応ビューのカメラ表示対応非自動調整寸法の再割当てexpresstool の機能を若干追加 といった内容の他に、BIM系の機能を足しているところは
Revit(.rvt / .rfa)ファイルのアタッチIFCデータのインポート なんかが出来ているようです。


メカニカル図形や、revit ファイルの扱いなんかは、ODA の進化に合わせて取り込んでる感じですかね。
もう少ししたら、早めにリリースするベンダーから出てくると思いますので、差分調査的な感じでは触ってみておこうかと思いますが、正直興味がわかないので、ちょこっと触る程度でやめるかもしれず。


元ネタ記事:ITC

Painter 2019

Painter 2019 が出たそうで。新バージョンのウリは以下のような感じだそうです。

パフォーマンスの改善
AVX2 拡張機能を使用するマルチコア プロセッサと CPU のサポートが強化され、最速の Painter になったそうです。もろもろで MAX2倍程度早くなってたりするみたい。ユーザー インターフェイスを全体的に改善
みんなダークな UI 好きですねぇ。ブラシとパターン
新しいブラシ +36、新しいパターン +5 で追加。カラーを使ったワークフロー
カラーパレットをカーソル近くに表示で来たりするそうです。
その他に、Windows のマルチタッチ対応とか、ブラシゴースト(輪郭の表示)対応とか、フォトレタッチっぽい機能が若干追加・強化されているようです。

昔のバージョン、安定性のアレがナニだったんで私は使ってないのですが、早くなるのはいつでも重要なことなので、AVX2 対応している HassWell (2013年位以降?)な CPU を搭載した PC を利用されている人はバージョンアップする価値はありそうですね。

元ネタ記事:Corel

GIMP 2.10 リリース

イメージ
新しい画像処理エンジン GEGL への移植を進めること幾星霜というか6年経ちまして、2.10 がリリースされたようです。

流行りにのっかって、ダークな UI とか、GEGL 対応以外にも色々と改良がなされている模様。


ざっくり更新内容
高 DPI 対応の新しい UI4つの UI テーマ最大32ビットのカラーチャネル対応FITS 画像は、チャンネルごとに最高64ビットの精度でオープン可能。マルチスレッド対応の強化GPU側での処理(オプション)
OpenCLドライバが安定しているシステムで利用可能。テキストツールで日本語入力が問題なくできるようになったよぉリニアカラースペースワークフロー ガンマ補正された RGBカラースペースではなく、リニア RGB カラースペースで画像を処理できる。 カラーマネージメントの改良(GIMP の本体機能になったのでどこでも適用できるようになった)CIE L*A*B と CIE LCH のカラースペース対応レイヤーとマスクの改良
新しいブレンドモードLCHレイヤーモード:色相、彩度、色、明度レイヤーグループのパススルーモードリニアバーン、鮮やかなライト、リニアライト、ピンライト、ハードミックス、除外、マージ、スプリットレイヤー、パス、およびチャンネルに、カラーラベルでタグ付けが可能になり識別しやすくなった。レイヤーの合成オプションがユーザーに公開され、レイヤー関連の設定は最終的にレイヤー属性  ダイアログで使用できるようになった。ユニファイドトランスフォーム機能の追加
変形がやりやすくなった?ワープ変換機能の追加
SNS で見え貼りたい人がよく使うあれな。ブレンドツールは グラデーションツールに名前変更されて、キャンバス上での編集が可能に。ファイル形式のサポート強化:TIFF、PNG、PSD、FITSファイルが読み書き可能に。PSD :パススルー、ハードミックス、ピンライト、鮮やかな光、および線形光ブレンディングモードをサポート。WebP :インポートとエクスポートの両方がサポート。アニメーション、ICCプロファイル、メタデータなどの機能を含むJPEG 2000 :ライブラリをジャスパーライブラリに変更して今風に。PDF :パスワードで保護されたファイルのインポート(パスは知ってること)と複数ページのPDFドキュメントのエクスポート(各レイヤは1 …