投稿

GIMP 2.10 リリース

イメージ
新しい画像処理エンジン GEGL への移植を進めること幾星霜というか6年経ちまして、2.10 がリリースされたようです。

流行りにのっかって、ダークな UI とか、GEGL 対応以外にも色々と改良がなされている模様。


ざっくり更新内容
高 DPI 対応の新しい UI4つの UI テーマ最大32ビットのカラーチャネル対応FITS 画像は、チャンネルごとに最高64ビットの精度でオープン可能。マルチスレッド対応の強化GPU側での処理(オプション)
OpenCLドライバが安定しているシステムで利用可能。テキストツールで日本語入力が問題なくできるようになったよぉリニアカラースペースワークフロー ガンマ補正された RGBカラースペースではなく、リニア RGB カラースペースで画像を処理できる。 カラーマネージメントの改良(GIMP の本体機能になったのでどこでも適用できるようになった)CIE L*A*B と CIE LCH のカラースペース対応レイヤーとマスクの改良
新しいブレンドモードLCHレイヤーモード:色相、彩度、色、明度レイヤーグループのパススルーモードリニアバーン、鮮やかなライト、リニアライト、ピンライト、ハードミックス、除外、マージ、スプリットレイヤー、パス、およびチャンネルに、カラーラベルでタグ付けが可能になり識別しやすくなった。レイヤーの合成オプションがユーザーに公開され、レイヤー関連の設定は最終的にレイヤー属性  ダイアログで使用できるようになった。ユニファイドトランスフォーム機能の追加
変形がやりやすくなった?ワープ変換機能の追加
SNS で見え貼りたい人がよく使うあれな。ブレンドツールは グラデーションツールに名前変更されて、キャンバス上での編集が可能に。ファイル形式のサポート強化:TIFF、PNG、PSD、FITSファイルが読み書き可能に。PSD :パススルー、ハードミックス、ピンライト、鮮やかな光、および線形光ブレンディングモードをサポート。WebP :インポートとエクスポートの両方がサポート。アニメーション、ICCプロファイル、メタデータなどの機能を含むJPEG 2000 :ライブラリをジャスパーライブラリに変更して今風に。PDF :パスワードで保護されたファイルのインポート(パスは知ってること)と複数ページのPDFドキュメントのエクスポート(各レイヤは1 …

IntelliCAD ワールドカンファレンスが 7月末に開催。

IntelliCAD のコンソーシアムが毎年開催しているワールドカンファレンスですが、今年は、チェコのプラハで7月30日、8月1日の期間で開催のようです。

現在の IntelliCAD のバージョンが 8.4 とかですが、カンファレンスのメニューに「IntelliCAD 9 の新機能とAPIをプレビュー」なんてのがあるので、今後の話も聞きたいという人は、旅行がてらに参加してみるのも良いのではないかと思います。 

元ネタ記事: ITC

AutoCAD 2019 リリース

毎年恒例のバージョンアップでございます。
今年のバージョンは、これまでで一番流動的な状態になり、このバージョンからなんと、ソリューション製品が実質消滅してツールセットという形で、AutoCAD の拡張機能として提供され、ユーザは選択して利用できるようになりました。

AutoCAD とソリューション製品の価格がおなじになって実質的にAutoCAD or ソリューション製品という選択を価格差で切り分ける必要はなくなっていたわけですが、ツールセット化によってより柔軟に機能を選択できるようになった形になります。

Raster Design とかは、日本だと知名度ほぼ0なので知らない人も多いと思いますが、イメージ編集 on CAD といった感じで使えるもので、古い紙図面をスキャンして新しい設計を上書きして描くみたいな仕事では結構使えますので、毎年約20万/Lic の ACAD 維持できるセレブな方々は、試してみると良いと思います。

CAD 本体の機能強化自体は多くないですが、新しく搭載された図面比較の機能は、AutoCAD Architecture や IJCAD の拡張ツールに搭載されているものよりも、若干手軽さが上がっている機能のようです。

また、UI 回りではアイコンのデザインが今風のフラットかつシンプルなデザインに一新されているので、メニュアル系作り直さないといけないから死ねばいいのにとか思いつつも、まぁこっちのほうが良いよねっていう印象としては良い感じです。
2017 から引き続いて4Kなどの高解像度ディスプレイ対応も進んでいるのでセレブな環境でのストレスフリーな作業環境の対応も進んでますね。

ちなみに AutoCAD LT はとうとう 2019 というバージョン表記もない状態になりましたが、特段目につくような新機能もないのでもうそろそろ終了しても良くね?とか思います。

ということで、高機能・高性能・高価な デスク製品と、そこそこ高機能・そこそこ高性能・そこそこ安価な互換CAD との2極化がますます進みそうで、中間層の CAD はざして死ぬよりほかない感じで死んでいく感じかなという流れになりますね。


元ネタ記事:Autodesk

CADデータをFBXに変換&表示するクラウドサービス「ONU 3D LITE」

イメージ
諸々の CAD のグラフィック表現に係る機能が機能的に足りてないということはまだまだよくあることで、設計で作成した3Dモデルをデータを販促などの目的で CG などに流用したいんじゃぁーみたいな要求に対して、CG 系のツールにどうやってデータを持っていこうと悩むシーンは結構あるかと思います。
添加の autodesk さんが FBX 形式を出してきたことで、とりあえず fbx に出しとけばモデルだけでなく、テクスチャなんかも割りと安定して渡せるみたいな環境ができてきていると思いますが、そんな状況の中でオンラインで3D系のCADデータをアップすると、1/100 位までローポリ化&テッセレーションしたデータに変換してくれる "ONU 3D LITE" というクラウドサービスが出ていたようです。

サポートしているファイルタイプが、step, stp, xmt_bin, xmt_txt, x_b, x_t, igs, iges, jt, zip, sat, prt, 3dm, sldprt, catpart、という感じで、機械系の 3D CAD データに対応している感じです。

試しに、NUANS NEO の TWO TONE カバーデータ stp をアップしてみましたが、Vertices で 6.6万 くらいのモデルを、荒い設定でアップしたら 600 位まで減らした状態になったので、結構軽快に動いてくれそうなデータに出来て良さげです。



設計するツールではないのでクライドつながりで、onshape との相性良さそうだなとか思いましたが、VR系のコンテンツデータ作るのに建築系も行けるくらいになるといいなと思います。

ANDROIDとIOSのモバイルアプリもあるので、アップしたデータを見られるみたいですがログインできずに試せずなので、誰か試してレポくれー。

元ネタ記事:ONU

BricsCAD V18.2 のリリース

イメージ
V18 のマイナーアップデート 18.2 が出たようです。

細かな更新内容は、 リリースノートを見たら良いと思いますが、今回のアップデートで個人的な萌ポイントとして LISP の開発環境(AutoCAD の VLIDE 相当) 対応したって言うのがあったのでメモっときます。

互換CAD 系で、大きめの LISP プログラムを開発しようと思うと、どうしてもデバックが
しにくい状態で経験でなんとかカバーするか、AutoCAD の VLIDE で一回確認してみたりするという状態になりがちなのですが、自前で開発環境があると問題の発見や改善サイクルが早くできるので、LISP ベースの開発も捗るようになりますね。


ファイル内の関数リストとか、AutoCAD の VLIDE よりもちょっと使いやすそうな所もあって良いですね。


元ネタ記事:Bricsys-blog

ODA が Teigha で STLと OBJ のサポートを表明

ODA が Teigha にて 3D モデルのファイルフォーマットとして汎用的といえる STL と OBJ のファイルをサポートするということをアナウンスしました。

Teigha 使ってる CAD とかで追加の費用をかけずに扱えるようになるので、対応する CAD とかツールとかが増えるかもしれませんね。

Revit のファイルとか、3D 関連フォーマットのサポートを拡大しているので、その流れの一環と言えるかもしれません。

元ネタ記事: ODA

IJCAD 2018 がリリース

リリースの前に、「2月1日にリリースします」とかいうアナウンスが出ているのでなぜに?とか思いつつ、予告通りリリースされたようです。

今回のバージョンアップは、ここ3、4バージョン中で最もわかりやすい改良がいっぱい行われた内容になっています。
LT グレードだと機能強化が少なめではありますが、ウケが良さそうな内容を抜粋すると、
2018 形式の DWG/DXF 対応。デフォルトプリンタのドライバ追加。オートコンプリートのコマンドライン対応。印刷スタイル適用の表示。編集プレビュー。 ← ハッチング掛けが快適になるね配列オブジェクト対応。 DWG変換。SXF(.P21/.SFC) の IN/OUT。← Civil の機能がドロップアウト表作成で、エクセルやCSVから取り込み可能に。← リンクはしないけど。面積表。 ← フィールド使った面積表が作りやすい!選択オブジェクトの追加に対応。スクリプトジェネレータ。 ← DXF一括変換はこれで作りやすくなるね。断⾯オブジェクトとライブ断⾯表⽰ ← 3D 関連も手が入りはじめた。 といったところで、作業の効率化に寄与する機能面の強化が沢山です。
価格構成は前バージョンと変わらず。

選択オブジェクトの追加は、拙作の GizmoTools ですでに似たようなものを実装していますが、まぁ標準で使えるようになってよかったと言えるでしょう。うちも透過性のプロパティ対応考えなきゃだわ。

その他にもありますので、詳しくは、バージョンアップ概要の資料をみると良いかと思います。
ちなみにオイラ絡みのコンテンツは
GizmoTools : IJCAD2018 対応版は、ざっくり動くことは確認できているので数日中にアップします。 基礎から覚える IJCAD ハンドブック :基本的な操作は変わってないので9割方はそのまま流用出来ます。配列コマンドは変わっちゃったので、その部分は ARRAYCLASSIC と読み替えてもらう必要がありますが、ぶっちゃけ新しい ARRAY のほうが便利なのでそっちを使う形で覚えたほうが楽だと思います。ハンドブックの 2018 対応版は今のところ紙本もE本も作らない予定。 といったところ。

このバージョンで、2次元系で互換的に対応できてない仕組みを伴う大きな機能としては、拘束関連とデータベース接続絡みの機能くらいになるかと思います…